コニールの副作用情報

コニールの効能とは?

コニールはカルシウム拮抗薬で、狭心症や高血圧症の治療に使われます。カルシウムが細胞内へ移動すると、筋肉が収縮します。この時血管が収縮し、心臓への負担が大きくなります。コニールは冠血管や末梢血管を拡張させ、血圧を下げます。心臓の仕事量や酸素消費量を減少させるのです。この血流を良くする働きが、ほかの病気や予防にも効果的です。多数の種類があるカルシウム拮抗薬の中では、コニールは降圧作用が緩やかで持続的です。それでも血圧低下により、眠気やだるさといった症状が現れます。車の運転や高所作業、機械の操作には十分に注意が必要です。また、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると、作用が強まる恐れがあります。あくまでも、恐れというのは、可能性の話ですが。主なコニールの副作用として、全身の倦怠感や吐き気、めまい、ふらつきが現れます。しかし、肝機能障害や黄疸といった症状が現れた場合は、至急医師の診断を受ける必要があります。また、顔面紅潮や頭痛といった風邪に似た諸症状の他、過敏症や女性化乳房といった症状が現れることもあります。このような症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。


FXのレバレッジ