薬を使わないで血圧を下げる方法はあるのか?

ユニシアよりも食事療法が効果的なのか?

血圧を下げるための薬の中でもARBの効果の作用を持っている成分とカルシウム拮抗薬の成分を持っている成分統合されたお薬がユニシアになります。

 

ユニシアは降圧薬として処方されるのですが、ユニシアを処方される前に血圧を下げる効果を持っているお薬を服用し、実際の効果が現れなかった場合にユニシアを服用していく事になります。

 

そのためユニシアが第1選択となるようなケースは非常に少なく、多くの場合にはしっかりと血圧を下げてくれるような薬が処方されるでしょう。

 

ユニシアを服用している間はグレープフルーツジュースを飲んでしまうと作用が強く出てしまい、血圧が下がり過ぎてしまうなどと言った事があるので、グレープフルーツジュースを飲む事は避けてください。

 

また、酷いめまいが起きてしまうような事もありますので、ユニシアを服用した後にお酒を飲む事も控えましょう。更にお酒を飲まなくても、ユニシアそのものの副作用としてめまいがあるので、車の運転などをする際には細心の注意を払って行うようにしてください。

 

ユニシアを飲み始めたばかりの人は血圧が急激に下がってしまい、体調が悪くなったりする良くがあります。

 

特にご高齢者の方や透析治療を行っている方、また糖尿病の治療を行っている方などの場合にはこうした副作用が出やすいと言われているので注意が必要になります。

 

また、これまでに高血圧の症状が酷い場合には、腎機能の一時的な低下が見られるので尿が出にくくなったりするようなケースもあります。

 

長期間に渡り、このような腎機能の低下が見られるようであれば、必ず受診するようにしてください。

 

しかし、ユニシアなどの薬に頼りたくない人もいますよね。薬を飲まずに血圧を下げる方法はないかと調べてみると食事療法が効果的であると言われていることに気づきます。

 

ここでは、薬を使わない高血圧改善法として食事法の権威である藤城博を紹介します。

 

もちろん、本当に食事を改善するだけで高血圧もよくなるかどうかは疑問が残るところですし、食事療法に医学的根拠はないかもしれません。試してみる価値はあるという感じでしょうか。

 

食事療法の分野では、藤城博という人が第一人者とも言われています。食事療法のなかでも、藤城博は玄米食を推奨しています。現代では玄米を食べる機会は少ないと思います。

 

薬ではないので、副作用はありません。まれに体に合わない方もいるようですが、試しに藤城博の食事法を実践してみるといいでしょう。もちろん、結果については自己責任でお願いしますよ。


FXのレバレッジ