高血圧の薬物療法

血圧を下げるための薬物療法

高血圧の薬物療法では、降圧薬という薬が使われます。降圧薬は、高血圧そのものを治す薬ではなく、合併症などを引き起こさないように血圧を抑える薬です。血圧を下げる効果がある薬ですね。

 

その為、根本的な改善がされない限りは、飲み続ける形になります。飲み始め時には、緩やかな降圧作用のものを服用し、その後目標まで下げる為に増量や、複数の薬を併用する、といった形で調節されます。

 

高血圧の薬物療法では、薬の組み合わせや量には、十分な注意が必要で、「自分の体は自分が一番分かる」などという自己判断はせず、医師からの指示をきっちりと守ることが大切なのです。

 

自己判断での中止や量・回数の変更はもちろん、もしも飲み忘れてしまったとしても、まとめて飲むということは、とても危険なことです。高血圧の薬物療法では飲み忘れがないよう、毎日規則正しく飲む必要があり、飲んだり飲まなかったり、といったことを繰り返すと、血圧が上下し、繰り返す度に血管を傷つけることにもなります。薬は用法を守らなければ、毒にもなり得るのだということを忘れてはならないのです。


FXのレバレッジ